いらないものを買う

地理🌍昔の参考書で「BRICS」が「BRICs」になってるのなんで? ……私のとき切り替わりました

雑談

こんちゃーっ、めなたこです。

めなたこ
めなたこ

あのー、どっちで習いました?

「BRICS」か、はたまた「BRICs」か。

……2種類、あるんです。

BRICSというのは、最近の経済発展がめざましい国の頭文字を取ったものですよね。ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ。

めなたこ
めなたこ

記憶があいまいだったから、調べたんだけどね。

でも、ちょっと前……私が中学生だった2013年くらいまでは、「BRICs」と呼ばれてました。「BRICS」の「s」が、小文字。

これ、どういうことかというと。当時、南アフリカは入ってなかったからなんですよ。

「BとRとIとCたち」ってことで、「BRICs」。古い参考書なんかには、そう書いてあると思います。でも、南アフリカ――「South Africa」も発展してきて、「じゃあ『S』も入れようぜ」ってなったみたい。

めなたこ
めなたこ

専門家ではないので、細かい部分は違うかもしれません。ご了承ください。

Wikipediaによると、BRICsという言葉が生まれたのが2001年、南アフリカが加入したのが2011年。

そして2013年の塾の授業で、先生が言う。

先生
先生

あのー、どっちで習いました?

「BRICS」か、はたまた「BRICs」か。

ちょっと頭いい学校の子は、「BRICS」で習ってた。うちの学校は「BRICs」。先生、「そうかぁ~、もう大文字かあ」って言って、上で挙げた解説を話し始める。

それが妙に印象に残っていたので、5年後(2018年)に高校受験を始めた弟に言ってやりました。

めなたこ
めなたこ

そうかぁ~、もう大文字かあ

そのころにはもう、私と同じ中学の弟も「BRICS」で習っていたので。

そして、ブログ記事にもなりましたとさ。

そんだけ!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました