いらないものを買う

面白い🖥小学生向けのNHK教育・教材番組が尖っている件

集めてみた

こんちゃーっ、めなたこです。NHK教育テレビ番組を毎朝見ていますが、成人済です。

めなたこ
めなたこ

危ないヤツだと思わないで! 事情があるの!

朝は目を覚ますためテレビをつけたいという母親と、朝からドラマやニュースは見たくない(悲しい話があると嫌だから……)という実家暮らしの私。

協議の結果、NHKの子供向け番組を見ることで落ち着いたんです。

で、気づきました。

めなたこ
めなたこ

NHK教育(Eテレ)、最高に尖ってる。

斬新なセット、濃いキャラクター。大人が見ても、なるほどと思える発想。

特に、9時から始まる学校向けの教材番組「NHK for school」が、教材番組にしてとんでもない攻め方をしてくる。

めなたこ
めなたこ

おもしろい。惚れこみました、NHKさんよ。

そこで。

斬新すぎる教材番組を、「尖った面白さ」を基準としたランキング形式でご紹介します。

大人も子供も、笑って学べること間違いなし。しかも、教材として、NHKの公式サイトで全編見られます。

授業用の教材を探している先生から、笑える番組を探しているナウなヤングまで、みなさんどうぞ見ていってください。

※私個人の感想を元に作ったランキングです(いわゆる「独断と偏見で決めた」ってやつ)。

※番組は全て2019年度のものです。ご了承ください。

スポンサーリンク

NHK面白い教材番組 第6位:おはなしのくにクラシック(国語)

なぜ6からなのか。……ベスト5を選ぼうとしたのですが、選びきれなかったんです。

えー、おはなしのくにクラシック。古典文学(など)を紹介する番組です。教育番組らしく、割と真面目に紹介する回もあるようですが……ちょっと、リンク先の狂言の回見てください。

めなたこ
めなたこ

……狂言が、アメコミ風に紹介されてるんです。

なんでアメコミ風やねん。狂言なんでアメコミ風やねん。

それなのに、途中で挟まる解説が、「いかにも教材」って感じのやつ。「日本の伝統芸能、狂言は、今からおよそ600年前の室町時代に生まれました」急にどうした。

公式ページはこちら。月曜9時10分から、10分間の放送です。

NHK面白い教材番組 第5位:さんすう刑事ゼロ(算数)

算数の番組なのですが……全力で刑事ドラマっぽさを出してきます。いや、もうあれは刑事ドラマです。内容や小ネタが子供向けなだけの、ガチな刑事ドラマです。

めなたこ
めなたこ

番組を紹介する動画の概要欄でも、「ミステリードラマ」って言っちゃってるし。

子供のころミステリーにはまった私ですが(愛読書はパスワードシリーズとはやみねかおる先生の作品全般)、たまーに、推理ドラマとして普通に驚かされる回があります。教材番組なのに。

最終回の箱のトリックは「そうきたか!」と思いました。

毎週月曜9時50分からの10分番組です。ここから全編見られます。あと、

マンガ版もあります。

NHK面白い教材番組 第4位:カテイカ(家庭科)

イカの格好をした外国人が全力で踊る番組です。名前が「エンドゥ」なので、東南アジア? アフリカ?系日本人かもしれない。日本語ペラペラだし。

めなたこ
めなたこ

この前久しぶりに見たら、単に顔が濃いだけの日系日本人にも思えてきた。そうだったらごめんなさい、エンドゥさん。

キレッキレの動きと「イーカんじ!」「イカん!」などのダジャレ。子供にウケるのは、こういうわかりやすい番組かも。

タイトルの通り、教える教科は家庭科。

料理の作り方や部屋の片づけ方などを、「カテイカ様」という女神(イカ)が教えてくれます。それをエンドゥ(イカ人間。踊る)がオーバーリアクションとともに学ぶというスタイル。

個人的にはエンディングテーマが好きですね。「イーカも イーカも」って歌いだしなのに、ラップ(と言っていいんだろうか。歌詞の密度が急に倍になるとこ)部分で突然教科書っぽくなる。

めなたこ
めなたこ

「未知なる体験 くらしに発見 あしたにイカせる 知恵と工夫」とのこと。教育的な言い回し!

こちらから見られます。もしくは、前期水曜9時50分から(10分番組)。

スポンサーリンク

NHK面白い教材番組 第3位:しまった! 情報活用スキルアップ(調べ学習)

デーモン閣下が情報の活用方法について教える番組です。「調べる」「まとめる」「伝える」の頭文字(?)を取って、「しまった!」。

子供たちが調べ学習をする様子を映すのですが、ちょいちょい挟まるデーモン閣下のカットがおもしろい。

画面に映し出される部屋には、重厚な背表紙の並ぶ本棚。オレンジがかったシャンデリアの光。部屋の中央では、木造りの机が存在感を放っている。中世の城の伝説を思わせる、切なげで怪しいBGMとともに、デーモン閣下が振り返った。

閣下
閣下

諸君も情報をうまく使う技を磨きたいってやつか

右側から「いかにもNHK教育番組です」って感じのテロップがシュッ!「情報をうまく使う技」、ふりがなつき!

BGMがロックに変わる。叫ぶギターをバックに、デーモン閣下が口を開く。

閣下
閣下

今日は『インタビュー』だ。インタビューとは、情報を手に入れる、重要な手段なんだ

教育的なことを、頷きながら語るデーモン閣下。その拳はにぎられている。またもやテロップがシュッ! 雲形の枠にカラフルに、「今回の技 インタビュー」!! やってるのは、NHK!!

はい、このシュールさ、こちらのリンクから感じ取ってください。

テレビでは、木曜9時35分から10分間放送されています。

NHK面白い教材番組 第2位:お伝と伝じろう(国語)

会話や発表のコツを説明する番組です。どす黒い……と言っていいのかな、黒みがかった赤色のバラとその蔦をかき分ける、テーマ紹介のカットが好き(まさか、伝える→ツタえる→蔦⁈)。どこか物悲しい、おフランス風のBGM。

これこそ、私がNHK教育番組に注目するきっかけになった、攻めに攻めてる番組です。視聴はこちらから。

放送時間は、月曜の9時10分から10分間。登場人物が、やたら濃い。

めなたこ
めなたこ

いや、濃いのは2人だけなんだけど。

伝じろうくんというキャラクター(あ、人間ね)の「心の中」と呼ばれる空間に、彼のクラスメイトである子供たちが入って、会話のコツを教わります。

伝じろうくん、一応小学生。でもどう見ても大人。長い金髪で濃い化粧。目元バッチリメイクでヒゲもある。ザ・ド派手。

アシスタントのお伝さんは、和風だけどやっぱりド派手。そんで無口。衣装さんすごいなーと思ってたら、amazonでこんなCDを見つけました。お伝&伝じろうを演じてる、「レ・ロマネスク」という人たちのCD。

あっ、いつもこの格好なんだ⁈

NHK面白い教材番組 第1位:で~きた(集団生活のマナー)

さあ来ました大本命。これほど衝撃を受けた教育番組は、NHK広しといえども(←?)他にありません。あまりのインパクトに、昔「で~きた」だけで1記事書こうとしてたぐらいです。

生活において大事なルールやマナー、常識を教える番組なんですけど(「手洗いをしよう」とか)。

普通、そんなの、ほんわかした番組になるじゃないですか。お姉さんが出てきて「ちゃんと手を洗おうね」って言うみたいな。

めなたこ
めなたこ

えっとですね。

……出てくるの、特大リーゼントの加藤諒さんです。

どでかい、紫の、リーゼント。ド派手な肩パッド。脇から手首にかけて、袖全体に謎のひらひら。両目の間とリーゼントの先っぽに、大きな「×」がついてる。

見た目もそうだけど、名前も変。彼の名は、「デキナイヲデキルマン」。「ヲ」!

見たことあります? 「ヲタク」と「阿部サダヲ」さん以外で、「ヲ」。タケノコの断面をひっくり返したような、あの字。っていうか、ほぼ文章じゃん。「デキナイヲデキル」。

めなたこ
めなたこ

「マン」としての違和感たるや!

しゃべり方も変。急に声が裏返る。マンガなら、セリフの最後から2番目の文字だけカタカナにされてるタイプです。「必ずでキィーる!」みたいな。笑いは裏返った声で「オホホホホホホホッ!」

テーマソングの歌詞。「できない できない できない できない子いないか」。なまはげかっ!

さらにその曲に乗せて踊りながら登場。暗くなった教室に、ミラーボールの光。子供、のけぞってた。いい顔してます。そりゃあんな顔になるだろう、っていう驚き顔。

それで、何がすごいって。

めなたこ
めなたこ

これだけ尖ってて、できない子供をバカにする気配がない。

この番組のテーマは、「できないに気づけば、かならずできる」。デキナイヲデキルマンは、できないことを否定しません。

その代わり、「なぜ困ったことになったのか」「何をできるようになれば、うまく生活が送れるのか」を教えてくれます。

めなたこ
めなたこ

……いい人だ。クセは強いけど。

ということでした。番組はここから見られます。

放送時間は……書いてなかったのですが、公式ではないサイトに「毎週火曜日、9:00~9:10」とありました。

そして、さっきのテーマソング。歌っているのは加藤諒さんなんですが、作詞作曲はこの方になります。

またあなたですかっ。

※このCDにデキナイヲデキルマンの歌が入っているわけではありません。あくまで画像代わりに使用したリンクです、ご注意ください。

面白いNHK教育テレビ番組ランキングまとめ

以上、Eテレ子供向け教材・尖った番組ランキングでした。楽しんでいただけたでしょうか。

よかったら、見てみてください。

めなたこ
めなたこ

あらためて見ても、やっぱりシュールだなこのラインナップ。

ただ、今日紹介した番組のいくつかは、通年でやっているわけではありません。前期だけとか、1学期は別の番組だとか、あると思います。

番組を確実に見たいなら、NHKのサイト(上の番組名をクリックすると飛べます)でご覧ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました